この記事では一般的に呼ばれている「ホームホワイトニング」と「ビースマイルホワイトニングキット」の違いについて解説しています。

効果の違いや値段の違いなども表でまとめていますので、ホワイトニングを検討している人は参考にしてください。

ホームホワイトニングとは?

ホームホワイトニングとは自宅で行うホワイトニングのことを言いますが、厳密に定義するとマウスピースと薬剤(過酸化尿素)を使ってホワイトニングすることを言います。

過酸化尿素は刺激が強い薬剤であるため、歯科医師の指導を受けて安全に使う必要があります。

ホームホワイトニングをしたい場合は、まず歯医者にいきカウンセリングを受けます。
そこでマウスピースを型取ったり、使用する薬剤の説明や使い方について指導をうけます。

ホームホワイトニングは自宅で行いますが、長時間マウスピースをはめなければいけません。
1回につき1時間~2時間マウスピースをはめなければならないため、フルタイムの仕事をしている人はやりずらいかもしれません。

ホームホワイトニングは長時間マウスピースをはめたり、薬剤の刺激が強くて痛んだりというデメリットがありますが、歯を内側から漂白するため、真っ白なキレイな歯にすることが出来ます。

ビースマイルホワイトニングキットとは?

ビースマイルホワイトニングキットとは?

ビースマイルホワイトニングキットも自宅でホワイトニングするためのセットです。
ビースマイルでは「光触媒」というホワイトニング手法で歯をホワイトニングします。

マウスピースをはめて歯にLEDライトを10分間あてるだけでホワイトニングすることが出来ます。
そのかわり刺激が強い薬剤は使いませんので、歯を真っ白にすることは出来ません。

ビースマイルでは歯の表面についた着色汚れを落とすだけなので、「自然な白さ」にすることが出来ます。

ビースマイルとホームホワイトニングの違い!値段や効果など

薬剤を使ったホームホワイトニングとビースマイルの違いを表にまとめてみました!

ホームホワイトニング ビースマイル
値段 3~5万 4800円~
痛み 痛む場合あり なし
手間 1回1~2時間 1回10分
白くするまでの期間 1~2ヶ月 1~3ヶ月
効果 真っ白 自然な白さ
白さを維持 維持しずらい 維持しやすい

ホームホワイトニングがオススメな人。ビースマイルがオススメな人

「歯を真っ白にしたい」という効果を重視する人はホームホワイトニングがオススメです。
ホームホワイトニングでは薬剤で歯を内側から漂白するため、真っ白な歯になります。

「費用と手間をおさえてホワイトニングしたい」「歯が黄ばんでいることがコンプレックス」という人は、ビースマイルがオススメです。手間と費用を抑えながら歯を自然な白さにすることが出来ます。

ご自身がどのタイプなのかを見極めて、ホワイトニングを選ぶようにしましょう!

デュアルホワイトニングにはビースマイルがオススメ

2つの異なるホワイトニング手法を取り入れることをデュアルホワイトニングと言います。
例えば、歯医者でオフィスホワイトニングをした後に、その白さを維持するために自宅でホームホワイトニングをする、といった感じです。

デュアルホワイトニングでは一度白くなった歯を維持するために行うのですが、一度白くなった歯を維持するにはビースマイルが最適です。

ビースマイルでは「光触媒」という化学反応を利用してホワイトニングをしていますが、歯の表面で光触媒が起きると、歯を汚れから守るコーティング作用が起きます。

このコーティング作用が起きると、1週間はコーヒーや赤ワインなどの着色しやすいものを摂取しても着色しずらくなります。

つまり、1週間に1回、ビースマイルを使うことで歯の白さを維持することが出来ます。
ビースマイルを1週間に1回のペースで使うと、1ヶ月あたりの費用は約1000円。

ビースマイルなら安くて手間をかけずに歯の白さを維持することが出来ます。

サイト内記事一覧

ビースマイルホワイトニングキットのレビュー

ビースマイルの購入情報

ホワイトニング豆知識

その他